いのちのものがたり

私たちが命について、感じること

私の命、相手の命①~ことみ~

バースカフェを主催するにあたり
HPを見たりして
まず、自分の出産を思い出しました。
 
 
 
私には3人の子供がいます。
女の子2人と男の子が1人。
 
 
 
同じ母親から生まれても
その出産までの
プロセスはみんな違ってました。
 
 
 
最初の女の子2人は産院で、
その後の男の子は助産院で産みました。
 
 
 
1人目は、8ヶ月まで続いた悪阻に
予定日を過ぎても産まれる兆しがなく
病院に入院して促進させて産みました。
ちょっとのきっかけで、つるんと産まれてきてくれました😆
 
 
 
2人目は、あまり悪阻がなくて
楽しい妊娠期間でした。
出産も、ほぼ陣痛がなくて
子宮口は充分開いてるのに
いつどのタイミングでどのくらい
いきめば良いかわからなかったほど😆
助産師さんの「今!」の掛け声のおかげで
いきむことができて安産。
 
 
 
3人目を産んだときはね。
これが、逆子でして😅
結局直らなかったのです。
でも助産院で産ませてくれました!
出産時の諸々のリスクも覚悟し
無事に産まれてきてくれることを祈り出産。
ただ、自己管理のなさで出血が多く
命の危険も感じました。
 
 
 
出産は、親子の初めての共同作業。
医療の発達により、死亡率は減ってると思いますが、母も子も命がけです。
 
 
 
そして、生まれることで誰しもがやってくるのは
『死』の存在。
 
 
 
もちろん、歳をとれば自然と寿命がきますが
事故で亡くなったり、病気にもなったり
そこはいつやってくるのかわからない
平等な出来事だと思っています。
 
 
 
だけど、死を恐れて過ごすのは違う。
 
 
 
いつかやってくるからこそ
今を大切に生きることが
大事なのだと思っています。
 
 
 
限りある時間を、
大切にしてくれる人と、
そして
大切に想う人たちと過ごす。
 
 
 
自分の命も
相手の命も
同じ。
 
 
 
誰1人必要でない命はありません。
お母さんが命をかけて産んでくれた存在です。
 
 
 
だからこそ、
自分の命を大切に
自分の時間を大切に
自分の想いを大切に
 
 
 
あなたの代わりはいないんですから❤

f:id:aya-noelbell1116:20181002081148j:plain